広告は 株式会社デジテック にお任せ下さい! 【 佐賀県 ( 鳥栖市 ) | 福岡県 】

総合広告代理店のデジテック

チラシの縦書きと横書きの特徴

お見積もりフォーム

チラシの制作において、構成は非常に大きな役割を担っています。文字を縦書きにするべきか、横書きにするべきかによって、見やすさや読みやすさも大きく変わってきます。構成の段階で縦書きと横書きの特徴を把握した上で、チラシ印刷を行うことも大切です。

こちらでは、チラシの縦書きと横書きの特徴についてご紹介いたします。

縦書き

日本は、古来中国の縦書き主流の文字に大きな影響を受けて、文字の縦書きが文化として根づいていきます。日本以外の朝鮮やベトナムも中国の影響を受け、昔は縦書きで文字が書かれていましたが、歴史の流れの中で縦書きは廃れていき、横書きが主流となっていきました。

世界的に見ても縦書き文章を日常的に使っているのは、日本以外の国はほとんどありません。そんな縦書きは日本語を優雅で美しく見せたり、横書きよりも感情を表現しやすい特徴があります。

縦書きを前提として作られている日本語ならではの魅力であり、行書体や草書体などで、より縦書きの美しさを演出してくれます。チラシで日本語を際立たせる場合は、縦書きを効果的に取り入れると良いでしょう。

横書き

縦書きが主流だった日本も、幕末から明治初期に外国語を真似た横書きが誕生します。その後、歴史の流れとともに次第に横書きも使われるようになり、日本人にも受け入れられていきます。

現在では、グローバル化やインターネットの普及も手伝い、古来の日本人が違和感を覚えていた横書きの面影はなく、縦書きと同じような感覚で日常的に使い分けられています。

縦書きで英数字を使った文章構成にすると、違和感のある文章になってしまいますが、横書きなら英数字も自然で見映えも良くなります。チラシで英数字などを使い、料金を表記する場合には横書きが適しています。

デジテックは佐賀県鳥栖市から、デザイン料、印刷費用、新聞折込費用まで入ったお得で安い広告プランをご用意しております。折込チラシ・ポスティングチラシ・イベントチラシなどのチラシ印刷のことなら、お任せください。

佐賀県内はもとより、鳥栖市近郊の福岡、久留米地区からでもお気軽にご相談ください。チラシ印刷以外にも、名刺・ポスター・企業案内パンフレットなどの各種デザイン業務も行っております。