広告は 株式会社デジテック にお任せ下さい! 【 佐賀県 ( 鳥栖市 ) | 福岡県 】

総合広告代理店のデジテック

名刺の起源について

お見積もりフォーム

現在の日本のビジネスシーンにおいて名刺は、初対面時の挨拶などには必要不可欠なツールとなっています。名刺は世界各国で活用されていますが、その半分以上は日本で消費されていると言われるほど、名刺は文化として日本に定着しています。こちらでは、名刺の起源についてお話いたします。

名刺の始まりとされている国

名刺の起源は様々な国にありますが、起源としては中国が最も古いとされています。7~10世紀頃の唐の時代、当時の人々は訪問先が不在であった場合、自分の名前を書いた木や竹の札を戸口にさし、自分が訪問したことが分かるようにする習慣があったそうです。

この札は「刺」と呼ばれ、地位ある人にお会いする際の取り次ぎとして用いられることもありました。自分の名前を書いた「刺」が、現在の名刺という名称の由来になっていることも納得できます。

ヨーロッパでの名刺

ヨーロッパでは、16世紀のドイツで名刺が初めて使われたと言われています。ドイツでも中国と同じ様に訪問先が不在であった場合に、訪問したことを知らせるための手段として用いていました。

中国が木や竹の札を使用していたのに対し、ドイツではカードに自分の名前を書いて残していたそうです。その後、18世紀頃にはヨーロッパの社交界で欠かせないアイテムとなり、19世紀中頃には、写真入りの名刺が登場した記録も残っています。

日本初の名刺は江戸時代

日本で名刺が使われるようになったのは、19世紀初期の江戸時代と言われています。中国やドイツと同様で、訪問した形跡を残すものとして用いられていました。現在で言う郵便物の不在票なようなものです。

当時は、墨で名前を書いた和紙を名刺として用いていたようです。幕末に入ってからは、西洋から印刷技術が日本へと伝わったこともあり、手書きから印刷主体の名刺へ変わっていきます。明治以降にもなると、名刺の需要は高まりを見せ、現在に至っています。

鳥栖市にあるデジテックでは、デザイン性の高い名刺制作を行っております。オーダーメイドにより、お客様のご要望にお応えしたオリジナル名刺を制作いたします。

⇒ 『名刺作成案内』

名刺以外にも、チラシ・ポスター・パンフレットなどの印刷物も安い料金設定にて取り扱っております。お見積もりが必要な際には、お気軽にお問い合わせの上、ご相談ください。鳥栖市以外の佐賀県内、福岡県内からのご相談もお待ちしております。